時代の中で変化していく新たなるSEO対策

自然なリンクかどうか見極める

昔からSEO対策の王道といえば、とにかく自分で用意したページにリンクをたくさん貼り付けて、そこをクリックしてリンクが大量にされていることをアピールするものでした。しかし、これはもちろん自作自演のリンクですから、本当の意味でのユーザーからの紹介によるリンクではありません。そういった自然なリンクと自作のリンクをこれまでは機械的に判別できませんでしたが、きちんと見極める検索エンジン側の対策が今や進みつつあります。

矛盾するワードを見つけられるか

SEO対策をしても検索エンジン側が自然なリンクを見極めるようになっているとすると、やはりきちんとしたコンテンツを用意して自然なリンクをしてもらうようにするしかありません。そのために必要なのは最高級の検索ワードを見つけ出すことです。検索されにくいワードでありながらも、多くのユーザーが求めているワード、という矛盾する要素を兼ね備えたワードを見つけ出し、見た人は誰でもそのワードを思い浮かべるようなコンテンツを用意するのです。

既存のライバルとの差別化

情報があふれるインターネットにおいて、ユーザーは他にないオリジナリティのあるものを常に求めています。検索で上位に引っかかればいいというものではなく、既存のライバルと差別化できるオリジナリティのある何かを用意できさえすれば、その何かを検索すれば必ず上位に食い込むことになります。自作しなくてもリンクをしてもらえるようなオリジナリティあるコンテンツを用意し、自然な形での差別化ができるかどうかがカギとなるのです。

ホームページ作成とSEOは平行して行うと良いものです。SEOとはホームページの来場者を増やす方法だからです。