システム開発のそれぞれの工程が持つ重要性

上流工程が全てを決める

システム開発をするには、まず上流工程としてお客様がどんなシステムを必要としているかを聞き取るヒアリングからスタートするわけですが、そこからすでに失敗してしまうと、開発途中で「こんなはずじゃなかった」とお客様から言われて作り直しなどという可能性もあります。土台からしっかりしておくためには、まず技術がどうこうという以前に聞き取り段階が重要になってくるのです。そして基礎となる青写真としての設計をするわけです。

要件定義と予算との兼ね合い

開発が必要となるシステムがはっきりすると、今度は要件定義という工程となり、予算内でそれらを実現させる工夫が必要になります。極端な話、無限にお金をかけられるのであればどんなシステムでも組むことは可能です。しかし予算は有限です。お客様が必要とするシステムを、与えられた予算の制限の中でどうやれば実現できるのかを考えなければなりません。ここに失敗すると、作ったけれども予算オーバーで赤字となり、ビジネス失敗となるので要注意なのです。

どこまでテストするかの割り切りが重要

システム開発において、もっとも割り切りが難しい工程が最終段階のテスト工程です。出来上がったシステムはもちろん、きちんと動くのかテストしなければなりません。しかしテストというのはどこまでも条件が設定できますし、無限の組み合わせでテストが可能です。どこまでやれば100パーセントOKかという見極めは基本的に誰にもできません。つまり、ここまでテストすれば現実問題として不具合は発生しないだろうという割り切りが重要なのです。

notesのマイグレーションはセキュリティ面でも安心できるグループウェアですから通信を暗号化できます。