あれもこれも、これもあれも、みんな電気製品なんですね!

電気製品ってなんでしょう

皆さんは、電気製品っていえば何を思い浮かべるでしょうか。冷蔵庫とか洗濯機とかでしょうか。あるいはテレビやDVDなどでしょうか。では、携帯電話やスマートフォンは?もちろんこれらもりっぱな電気製品です。電気を使っているものはすべて電気製品です。さて、では逆に電気製品ではないものは?。本とか机とか椅子とか。動かないもの、あるいは自分では動けないものがほとんどですね。では自動車は電気製品でしょうか?。自動車は、内燃機関を動力としていますから電気製品とは言えません。でも電気自動は?うーん定義上、電気自動車は電気製品といってもいいでしょう。ハイブリッド車や今話題の燃料電池車となるとちょっと悩むところですね。

白物家電ってなんでしょう?

白物家電って聞いたことないでしょうか?白物とだけ言われることもあります。これは、家庭用の電気製品で主に家事を手伝うものの総称です。たとえば、冷蔵庫とか洗濯機、炊飯器、照明器具などです。これらが普及し始めたころ、ほとんどのものの塗装が白だったことから白物と呼ばれるようになったようです。これは日本人が白に対して特に清潔感を連想するためだといわれていますがどうでしょう。そういえば、日本では車も白が多いのはこれと同じ理由によるものかもしれません。

電気製品で、自作できるものってあるのでしょうか

さて電気製品以外のものは、たとえば机や椅子、家具や家だって今は自作する人いますよね。でも電気製品ってあんまり自作したってことは聞いたことないですね。さきの白物といわれた、冷蔵庫や洗濯機はさすがに自作はできそうもないですね。だいいち部品を一から作るのなんて個人では大変な労力が必要で、そこまでして作る意味はいくらなんでもないでしょう。電気製品で自作がある程度広がっているのは、パソコンです。パソコンはその構成部品がそれぞれいろいろな会社から販売されていて、その接続方法が規格化されているので、それらを組み合わせることでほぼ市販のものと同じものを作ることができるのです。将来的にはいろいろな電気製品でも自分の好きなように自作できるようになると、もっと楽しいことになるかもしれませんね。

プリント基板設計は電圧を設定して、最大の消費電力が流れても発熱量が大きくなり過ぎないように設計するのが基本です。

時代の中で変化していく新たなるSEO対策

自然なリンクかどうか見極める

昔からSEO対策の王道といえば、とにかく自分で用意したページにリンクをたくさん貼り付けて、そこをクリックしてリンクが大量にされていることをアピールするものでした。しかし、これはもちろん自作自演のリンクですから、本当の意味でのユーザーからの紹介によるリンクではありません。そういった自然なリンクと自作のリンクをこれまでは機械的に判別できませんでしたが、きちんと見極める検索エンジン側の対策が今や進みつつあります。

矛盾するワードを見つけられるか

SEO対策をしても検索エンジン側が自然なリンクを見極めるようになっているとすると、やはりきちんとしたコンテンツを用意して自然なリンクをしてもらうようにするしかありません。そのために必要なのは最高級の検索ワードを見つけ出すことです。検索されにくいワードでありながらも、多くのユーザーが求めているワード、という矛盾する要素を兼ね備えたワードを見つけ出し、見た人は誰でもそのワードを思い浮かべるようなコンテンツを用意するのです。

既存のライバルとの差別化

情報があふれるインターネットにおいて、ユーザーは他にないオリジナリティのあるものを常に求めています。検索で上位に引っかかればいいというものではなく、既存のライバルと差別化できるオリジナリティのある何かを用意できさえすれば、その何かを検索すれば必ず上位に食い込むことになります。自作しなくてもリンクをしてもらえるようなオリジナリティあるコンテンツを用意し、自然な形での差別化ができるかどうかがカギとなるのです。

ホームページ作成とSEOは平行して行うと良いものです。SEOとはホームページの来場者を増やす方法だからです。